2010豊かな交わりの中で

20120922105736

★2010豊かな交わりの中で

clover昨年(2010/10/6)、ささやかにパネラー(主に朗読)を務めさせていただきました。

そのときの“ごあいさつ”をここに控えめに記させていただきたいと思います。

Pb070573_sh01

☆ごあいさつ☆

みなさん☆ こんにちは。

○○教会からまいりました、わたし、○○と申します。

ふつつかなものでございますが、温かにどうぞ宜しくお願いいたします。

初めに、神さまに感謝をお捧げしたいと思います。

今日の良い日に感謝します。

これからの時間もどうかあなたと共に、やさしい時間となりますように。

†主イエス・キリストによって。 アーメン。

歌い続けてまいります、わたしたちの地球………

そして、わたしたちの生命(いのち)も………

わたしは洗礼を受けましてから、今年のクリスマスで14回目を迎えさせて頂きます。

ささやかに詩らしきものを書き始めて来ましてからは、18年ぐらいになるでしょうか。

いつもほんとうに不器用でしたね。

長い歳月を自身の癒されない心の内との闘いだったかも知れません。

神さまは、そんなわたしの歩みに優しい風の中の歌を教えて下さったように思います。

毎日、風の中を歩き、自然のものたちへ静かに耳を傾けてまいりました。

辛いとき、苦しいとき、心癒される、童謡や、きれいな詩を沢山読んでまいりました。

また、聖書の美しい詩編からの言葉を、幾たびも、いくたびも、

心に繰り返し読んでいたことが思い出されますね。

キリストの愛のみ言葉は、いつもどれほどの心の安らぎ、

慰めになっていたか分かりません。

そして、1997年のクリスマスに受洗のお恵みに与りました。

今日の祈りと共に忍耐強く日々を積み重ねてゆくうちに

いつか自然に心が癒されてゆくのが分かりました。

(みなさんが幸せでありますように…)その日の心に映されてくる言葉をノートに綴り、

丁寧にうたい続けてゆく内に、更に心が開かれてゆくようでした…。

そこは余りにも不思議に、奇跡としか申せないような、

清冽な世界が拡がってまいります。

わたしたちは、本当に尊い【あなた】の世界に守られて、

今日がおくられてまいりますね。

今日は、これまでに紡いでまいりましたささやかな詩を、

その折々の心を少し交えながら朗読をさせて頂きたいと思います。

詩としましてもまだまだ幼く、言葉はほんとうに素朴過ぎるほどのものですが、

どうか、そのいのちからの声を聞いてください。

苦しみの向こう側からの美しい水辺を、揺るぎないいのちの世界を、

みなさんと共に分かち合えますように・・・。

祈りの内に   (2010年 11月6日)

◆下記の詩を朗読をさせていただきました。

☆いのりは

☆やさしいことばそよがれてゆく

☆しあわせ花

☆わたしたちみんな

☆やさしいものから

☆信じてゆきましよう

☆今日の光 2011

☆歌の橋

☆今日の青い空があるから

☆いのち(宇宙)

☆あなたとともに

☆五行歌

cloverちなみに、その後のみなさんとの分かち合いの中で、いく人かの方が

「信じてゆきましょう」 に、とても感動したとおっしゃって下さいました。

clover「今日の光」 (ふるさとからの詩です)

*『詩とメルヘン』(サンリオ)より、素適な絵が付けられて見開きで掲載

いただきましたときの嬉しい感動がここにもかえってまいります。

最後までお読みいただきまして感謝を申し上げます。 

祈りとともに♪    Kazeno Aya         (2011/9/26記)

★2017豊かな交わりの中で

★2015豊かな交わりの中で

★2014豊かな交わりの中で

★2013豊かな交わりの中で

★2012豊かな交わりの中で

★2011豊かな交わりの中で

★2010豊かな交わりの中で

★2009豊かな交わりの中で

★2008豊かな交わりの中で

Photo_2