カテゴリー「☆晴佐久神父『天国の窓』☆」の1件の記事

2013.02.07

「天国の窓」

■晴佐久昌英神父様の第2詩集『天国の窓』shine

1889414188_172

「天国の窓は、どこにもある。

ふと見上げた梢で揺れる、一枚の葉っぱ。

雨あがりに光る水滴の奥深くの、ふしぎに澄んだところ。

ああ、こんなところにもと気づくなら、それはいたるところで開いている。

無邪気にはしゃぐ、こどもたちの笑顔。

暮れなずむ町はずれの、小さな家の窓明かり。

ときには、門の下からそっと往来を眺める一匹の犬のまなざしでさえ、

よく見ればそこから永遠の輝きがこぼれ落ちてくる、天国の窓だ。」

                              *『天国の窓』あとがき より

clover「あなたの窓をひらく」~晴佐久神父さま直筆のサインから、

もうどこかしら優しさに繋がれるような嬉しい心に拝読いたしています。

ほんとうに一つひとつのどの詩からもキラキラ美しい光に包まれる、

そんな心地よささえ覚えてまいりますね。

菅井日人氏の写真とのコラボレーションが素晴らしい詩集です。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

きっと誰も知らない世界の果てに

すべての思い出が湛えられた湖があって

小さな後悔も大きな哀しみも

涙のように流れ込んでいく

ほの暗い記憶は湖底で浄められ

水のおもてには無心な光が生まれる

世界は美しい     「世界は美しい」より

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

★「福音の村」shine

「あなたは神に愛されている」~神父さまのユニークなお説教が拝読できます。

★『天国の窓』購入者様からのお便り

(ちなみに「埼玉県S」はわたくしです)

16233939_1664853727_239large

| | コメント (0)