カテゴリー「♪心のうた(詩)♪」の114件の記事

2018.01.15

ひかりあめが…

ひかりあめが

きれいに

はじかれてゆく

こころに

やさしいおもいが

あふれてゆく

たおやかな

メロディーに

ふたりつながれてゆく―――

《†苦しみにあったことは、わたしに良い事です。

これによってわたしはあなたのおきてを学ぶことができました。詩篇119‥71》

●「愛をこめて」 ペトロ神父さまが毎日更新されます♪

16233939_1542207365_86large

| | コメント (0)

2017.12.28

ひとは

ひとは

心に泉を

もっていて、

青い空が

映るのね。

やさしい風が

分かるのね。

そして、

きれいな花を

咲かすのね。

【†いのちの泉はあなたのもとにあり、われらはあなたの光によって光を見る。       詩篇36:9】

1814318962_250

xmasその泉をわすれないように。いつも私たちのこころにxmasshine

| | コメント (2)

2017.12.11

富士山☆

真冬の夕空を

光りがきれいに

染めあげてゆく

遠く富士山を

影絵のように

浮かびあげてくる

真冬の夕空を

やがてくっきりと

富士山を映し出してゆく

【†あなたのあかしはとこしえにわが嗣業です。まことにそのあかしはわが心の喜びです。詩編119:111】

16233939_2245344458_250large
夕空に浮かびあがる富士山 (江の島から2017/2/21)

clover澄み切った真冬の夕空を、くっきりと映し出されてゆく富士山・・・

私たちのその内なる魂の存在を知らされてくるようにも想いますshineshine

| | コメント (0)

2017.12.04

灯り

わたしたちは灯りが

見えないときがある

その信頼を

失うときがあります

しかし 灯りは

消えてはいない!

そこから一歩下がって

眼を凝らせば

ほら! あなたの

灯りが見えてくるshine

【†人の歩みは主によって定められる。主はその行く道を喜ばれる。詩篇37:23】

Img_3

(C)NB printed in italy

clover信頼を失ったとき、明かりも消えてしまったかのような・・・

そんな人生が私のうえにもありました。多分、だれの人生のうえにも。

あなたからいただいている、その灯りの存在をささやかな詩に託して~♪

shineいつもいらして下さるみなさんありがとうございますshine

| | コメント (0)

2017.11.13

祈り

わたしたちは

心の奥深くに

泉を宿しています

そこから

立ち昇ってくる

細かなひかりが

朝の呼吸に

添えられてゆく

そしてそれは

この宇宙を

漂い ただよい

あのふるさとに

あなたのうえに

降り灑(そそぐ)でしょう……

【†神よ、われらはあなたの宮のうちで あなたのいつくしみを思いました。          詩篇47:9】

Dscn4650_2

軽井沢修道院の朝

clover暗闇に閉ざされるときも、その魂から受けているものは揺るぎません。

あなたを慕って祈る。その呼吸は確かにこの宇宙を漂い、あなたの上に、あなたの上に、降りそそぐのでしよう…。

あなたの命を詩いたい~♪ あなたの命に捧げたい~♪

| | コメント (0)

2017.11.02

秋の公園から

秋がほほ笑んでいます

すこし疲れた心も

芝生に座っていると

直にほどよく温もってきます

Pc130592_4

かなしい心だって

さびしい心だって

そのままを包んでくれます

お日さま連れて舞ってくる

銀杏のひと葉を そっと

この指先に受けて

クルン!と 回します

クルン クルン

クルン クルン

「ののはなのこみち」

 

【†主よ、あなたを尋ね求める者を あなたは捨てられたことがないからです。       詩篇9:10】

Pb300671

cloverお日さまの芝生に座って風に身を委ねていると、もうそれだけで癒しですね♪shine

| | コメント (2)

2017.10.30

こうよう(紅葉)

ひとひら

ひとひら

そめられる

ひとひら

ひとひら

かみさまの

みこころ

みこころ

そめられる       「しあわせの空にⅡ」

【†主はすべてのものに恵みがあり、そのあわれみはすべてのみわざの上にあります。 詩篇145:9】

●「愛をこめて」 ペトロ神父さまが毎日更新されます♪

16233939_1820224042_164large

clover神さまのみ心に包まれて、私たちの心も一人ひとり大切に染められるのでしょうshine

|

2017.10.26

臥すときも

キラキラキラ

硝子窓を

朝の光りが

きれいに透す

地球という

この蒼い船内に

わたくしを

横たわせる

そして 瞼を

そっと閉じて

やさしい波音(なみ)を

聴いてゆく

【†主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。詩篇4:8】

1919775321_94

鳥取砂丘(海岸2012/9/27)

clover私たちはどこにいても、この蒼い地球船の中に守られてありますね。

| | コメント (0)

2017.10.02

野の花

かれんな

あなたが好き

あなたの

素直さが好き

その逞しい姿に

わたしは憧れる

野の花よ

あなたこそ

永遠!

【†野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。       マタイ福音書6:28】 

Photo
キバナコスモス

clover信じて、信じて、結局折れてしまった私は野の花に慰められます。

野の花の秘めた力、その清楚な姿には心から感動を覚えますねshine

| | コメント (2)

2017.09.28

てがみをかきたい

ながれ…ながれ…やさしい

こころのせられてゆく………

こんなきれいなときだから

あなたへてがみをかきたい

ほそい…ほそい…みずの

ことばをつづりたい………

ののつゆもそえて…あおい

いずみのことばささげたい

あなたへてがみをかきたい

★「星屑ぽえめる」(2006/10月号) 

【†あなたの家に住み、常にあなたをほめたたえる人はさいわいです。詩篇84:4】

1622641269_26
夕月を眺めて「宍道湖」(2012/9/28)

clover美しい心の風景から自然に言葉になっていきました詩・うた・・・♪

そういえば最近手紙を書いていないですね~私。

やさしい秋の季節。ご無沙汰している〝あなた〟に手紙を書きたい。心をこめてpen

cloverみなさんはお手紙を書かれていらっしゃいますかclover

| | コメント (0)

より以前の記事一覧