カテゴリー「♪心のうた(詩)♪」の110件の記事

2017.11.13

祈り

人は

心の奥深くに

泉を宿していて

そこから

立ち昇ってくる

細かなひかりが

朝の呼吸に

添えられてゆく

そしてそれは

この宇宙を

漂い ただよい

そのふるさとに

あなたのうえに

降りそそいでいる

【†神よ、われらはあなたの宮のうちで あなたのいつくしみを思いました。          詩篇47:9】

Dscn4650_2

軽井沢修道院の朝

clover暗闇に閉ざされるときも、その魂から受けているものは揺るぎません。

あなたを慕って祈る。その呼吸は確かにこの宇宙を漂い、あなたの上に、あなたの上に降り注がれているのでしよう…。

あなたの命を詩いたい~♪ あなたの命に捧げたい~♪

| | コメント (0)

2017.11.02

秋の公園から

秋がほほ笑んでいます

すこし疲れた心も

芝生に座っていると

直にほどよく温もってきます

Pc130592_4

かなしい心だって

さびしい心だって

そのままを包んでくれます

お日さま連れて舞ってくる

銀杏のひと葉を そっと

この指先に受けて

クルン!と 回します

クルン クルン

クルン クルン

「ののはなのこみち」

 

【†主よ、あなたを尋ね求める者を あなたは捨てられたことがないからです。       詩篇9:10】

Pb300671

cloverお日さまの芝生に座って風に身を委ねていると、もうそれだけで癒しですね🎶shine

| | コメント (2)

2017.10.30

こうよう(紅葉)

ひとひら

ひとひら

そめられる

ひとひら

ひとひら

かみさまの

みこころ

みこころ

そめられる       「しあわせの空にⅡ」

【†主はすべてのものに恵みがあり、そのあわれみはすべてのみわざの上にあります。 詩篇145:9】

●「愛をこめて」 ペトロ神父さまが毎日更新されます♪

16233939_1820224042_164large

clover神さまのみ心に包まれて、私たちの心も一人ひとり大切に染められるのでしょうshine

|

2017.10.26

臥す日にも

キラキラキラ

硝子窓を

朝の光りが

きれいに透す

地球という

この蒼い船内に

わたくしを

横たわせる

そして 瞼を

そっと閉じて

やさしい波音(なみ)を

聴いてゆく

【†主よ、わたしを安らかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。詩篇4:8】

1919775321_94

鳥取砂丘(海岸2012/9/27)

clover私たちはどこにいても、この蒼い地球船の中に守られてありますね。

| | コメント (0)

2017.10.02

野の花

かれんな

あなたが好き

あなたの

素直さが好き

その逞しい姿に

わたしは憧れる

野の花よ

あなたこそ

永遠!

【†野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。       マタイ福音書6:28】 

Photo
キバナコスモス

clover信じて、信じて、結局折れてしまった私は野の花に慰められます。

野の花の秘めた力、その清楚な姿にはほんとに感動を覚えますねshine

| | コメント (2)

2017.09.28

てがみをかきたい

ながれ…ながれ…やさしい

こころのせられてゆく………

こんなきれいなときだから

あなたへてがみをかきたい

ほそい…ほそい…みずの

ことばをつづりたい………

ののつゆもそえて…あおい

いずみのことばささげたい

あなたへてがみをかきたい

★「星屑ぽえめる」(2006/10月号) 

【†あなたの家に住み、常にあなたをほめたたえる人はさいわいです。詩篇84:4】

1622641269_26
夕月を眺めて「宍道湖」(2012/9/28)

clover美しい心の風景から自然に言葉になっていきました詩・うた・・・🎶

そういえば最近手紙を書いていないですね~私。

やさしい秋の季節。ご無沙汰している〝あなた〟に手紙を書きたい。心をこめてpen

cloverみなさんはお手紙を書かれていらっしゃいますかclover

| | コメント (0)

2017.09.25

きょう風が美しい…

きょう風が美しい

この星の花に

わたしもなっていたい

きょう波が美しい

この海の歌に

わたしもなっていたい

きょう青が美しい

この宙の橋に

わたしもなっていたい

【†主に感謝せよ。主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。    詩篇118:1】

1907087566_224

萩(秋の七草の一つ)

《◆秋の七草: 萩 尾花(ススキ) 桔梗 撫子 葛 藤袴 女郎花(オミナエシ)》

《秋の野に咲きたる花を指折り(およびをり)かき数ふれば七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花》

万葉集: 山上憶良(やまのうえのおくら)

※因みに、女郎花(オミナエシ)の「オミナ」は「女(娘)」の意で、「エシ」は「なるべし」の略されたものといわれます。秋草の代表として「枕草子」「源氏物語」「紫式部日記」などにも登場するそうです。
近世語のその意とは違います。

| | コメント (0)

2017.09.21

「あなた」

わたしの願いは

あなたをうたうこと

こころただひとすじに

もうそれは悩まない

十分に苦しんだから

何ものにもとらわれない

あなただけ見つめよう!

たとえ そこに

暗闇が覆ってきても

あなたが わたしを

一杯に満たすでしょう

あなたは宇宙です!

大空の翼です!

【†わが神、主よ、わたしは心をつくしてあなたに感謝し、とこしえに、み名をあがめるでしょう。詩篇86:12】

Dscn3168_new

◆昨年、「西坂の丘」から仰いだ印象的な雲の翼( 2016/10/12)

clover渡辺和子さんのご本から「発想の転換で生き方が変わる」言葉がとても良かったので記させていただきますね。

【「誰のせいか」「なぜ、こういう目に遭うのか」という問いも、当然あってよいのです。
しかし、世の中には「なぜ」という問いとともに、「何のため」という問いかけもあっていいのだと気付く時、自分の、その事がらに対しての理解が深まり、道も拓け、姿勢が前向きになるように思うのです。
私たちもまた、いつも「何のために」と前向きに考える自由人でありたいと願っています。】

『面倒だから、しよう』(幻冬舎)より

| | コメント (0)

2017.09.18

時を越えて

あなたの世界が 麗しく

蒼い海を 湛えてゆく

すべての命に贈られている

時間の幾つものが そして

越えてきた苦悩は やがて

平和の波が押し寄せてくる

苦痛があったことさえ 遠く

遠く 忘れさせるほどにも

海はきょう 静かなさゆらぎ

あのふる里の 子守りうた

胸の花も 可憐にそよぐ

風も宙(そら)から 吹かれる―――

【†その聖なるみ名を誇れ。主を尋ね求める者の心を喜ばせよ。 詩篇105:3】

Dsc02612

室戸岬(2017/7/12) (スーさん撮影♪)    ◆大きくなります

clover苦悩ゆえにこそ、この世の悲しみを知らされ、受け入れることを教えられるのでしょうか…。

忍耐の絶頂から恩寵のように開かれてきました〝あなた〟の世界mistshine

今日の海を聴いてまいります。

(※なお、この詩が生まれたのも10年以上前になります)

☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・★.。.:* ・。☆.。.:*・★.。.:*・。☆.。.:*・

私は現在も深い傷に傾いてしまうときもあります。苦しみもがきつつも、

それでもその世界から届いてくる光を「詩」に捧げたいと想うのです。

その魂からの「言葉」を大切に聴いてまいります。アーメンshine

cloverいつもこちらにお出でくださるみなさん、本当にありがとうございますclover

| | コメント (0)

2017.09.14

そんな夜には

くるしみばかりが

耳にかえってくる

そんな夜には

ひとつの星を

想い描いてみよう

そして そっと

呼びかけてみよう

信じられる心へ

ありがとう!

と 云ってみよう

【†悩みと苦しみがわたしに臨みました。 しかしあなたの戒めはわたしの喜びです。詩篇119‥143】

Dscn3421_2
「月と金星のランデブ」moon3shine (2017/1/2)

clover多くの苦しみが、この世の悲しみを受け入れてゆくのかもしれません。

苦しみも、悲しみも、〝あなたの〟の大切ないのちに他ありませんねnightshine

| | コメント (0)

より以前の記事一覧