★お知らせ

†主の平和

cloverみなさん、いつもほんとうにありがとうございます。

■『それを受け入れたとき』が美しいPV(動画)になりました。

どうぞ宜しかったらお聞きになってみてください。
(2016年3月吉日)

●ただいま【YouTube】より流れております。

1920058579_51
cloverDVDの表紙&盤のレイアウトはスーさん)

●こちらに概要など記してあります。

●ちなみに、童謡『かざばな』はこちらから聞けます。

☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・★.。.:* ・。☆.。.:*・★.。.:*・。☆.。.:*・

■童謡集『かざばな』を上梓させていただきました。

ここに謹んでお知らせをさせていただきたいと思います。
すこし長くなりますが、お手空きのときでも読んで頂きましたら幸せです。
どうぞよろしくお願いいたします。(2014年9月吉日)

●童謡集『かざばな』になるまで

今年(2014)の初めぐらいから原稿の準備をはじめてまいりました。
何事もそうですが、本を作ることも尊い労を必要とするものですね。
これまでの多くの作品の中からどの詩を選ぶか・・先ずは思い出のある作品を主に一年の季節の巡りとなるように編ませていただきました。
自分の作品なのですけど、やはり一つの本になることを願い、一編一編丁寧に選ばせていただいたと思います。
大体の原稿の形として纏まったのはこの3月ぐらいでしたね。
本の形、頁数、文字の書体、レイアウトなど一つ一つ決めていきます。
当然のことですが編集にも深く幾たびも心を込めてまいりました。

三社ほどの出版社とコンタクトをとることから始め、一方、マイミクさんでもあり、「かざばな」のお歌も歌ってくださっています、kotoさんに表紙絵(額絵)と挿絵のお願いをさせていただきました。
大変にお快くOKをくださり、一ケ月半ほどの間に表紙絵となる「額絵」(380×460㎜)及び、挿絵を綺麗に描かれてくださいました。

出版社をなかなか決め兼ねなくそんな時間も正直いろいろとあったのですが。お陰さまで納得できる良心的な会社と出会わせていただいたと思います。ご担当の方も実に誠実な方で、20数回ほどもメールを交わさせていただいたのですが、その都度迅速にご対応をくださり、こちら側の要望や小さな質問などにもご丁寧なお返事をくださいました。
「工程表」も提出されました。
また本作りには重要な「校正」を再々校までも出して頂き、その上に念校正までも頂いたことは実に有難く頭が下がる思いでしたね。

Kotoさんにはとても味わい深い美しい絵を肉筆画とデジタル画で画いていただきました。
また写真撮影のことなどもプロの方にお願いして頂いたり、他にも細やかなお心遣いをたくさんいただいたことと思います。
5月のはじめにはもうきれいにそろえて送ってくださいましたね。
メールもほんとにどれだけ交わさせていただいたことでしょう・・・。
Kotoさん、ここからも本当にありがとうございました。

今少し心にもゆとりができて、ここに一つひとつのイラストをゆっくりと眺めてまいります。
Kotoさんの描かれた柔らかな表紙絵をはじめ、挿絵(14)がその詩たちをやさしくそよがせているかと思います。

魂から零れてきた言葉たち・・・歌ったときの空や、風までもまたここに自然に還ってまいります。
私の詩の原点はやはり童謡にあるかしらと…子どもから大人まで読んでいただけることを願っています。

やなせたかし先生からいただいた『詩とメルヘン』誌からの嬉しい選評などもお添えさせていただきました。(2篇)

童謡集『かざばな』を無事この世に生み出すことができたこと、振り返ればどの時間も尊く熱く感謝が溢れてまいります。
実にみなさんの温かなお力添えがあったからこそ生まれた童謡集と思っております。
願い通りの、いやそれ以上の美しい本にしていただきました。
自分で申すのもおかしいのですが、これまでの歩みの渾身の一冊と思うとります。
そして、何よりも“あなた”とともにあるお時間を心から感謝を申し上げます。

clover“かざばな”の詩をはじめに、春を、夏を・・四季の泉を聞いてください♪リズミカルなその瑞々しい“いのち”のうたを分かち合えますように♪

今日の「風」とともに歌ってまいりましたもの♪

「夢」をいつも持ってまいりたいですね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

みなさんのうえにどうぞ沢山のしあわせがありますようにclover

              感謝と祈りとともに  Kazeno Aya♪

拙い文章を最後までお読みいただきありがとうございました。

                               2014年9月吉日

●「しあわせのこみち」の方からもお読み頂きましたら幸せです。

●概要はこちらから

●kotoさんがご紹介くださっています

―追記―

美しい音楽や詩は私たちの奥深く魂の源泉に存在しているのでしょうshine

信仰の恵から透されてきました“あなた”の世界。そのいのちとともに詠い続けてまいります。

【†いのちの泉はあなたのもとにあり、われらはあなたの光によって光を見る。詩篇36:9】

●ちなみに昨年は、五行歌&詩集『あなたの光に』を上梓しました

Photo_2

☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・★.。.:* ・。☆.。.:*・★.。.:*・。☆.。.:*・

■愛~ 優しい空を歌いつづけて

♪詩は、神さまが心に咲かせてくださる空の花ですね ♪

♪詩は、悠から今日に贈るいのちのメッセージですね♪

♪詩は、心の悲しみに贈られる癒しのたまものですね♪

詩らしきものを書き始めて15年余ほどになりますでしょうか・・・

長い歳月を人知れず多くの渇きの内に生きてきたように思います。

神さまは、そんな私の歩みに優しい風の中の歌(詩作)を教えて下さいました。

毎日聖書を読み、詩集を読み、風の中を歩き、自然のものたちへ静かに耳を傾けてまいりました。

1997年(クリスマス)、受洗の恵みに与りました。

今日の祈りと共に忍耐強く日々を積み重ねてゆく内に、いつしか本当に心が癒されてゆくのでした。

言葉を丁寧に掬いあげてゆく心が、更に美しく開かれてまいりました。

そうして、不思議にも、ひとつのオアシスを聴かせてまいりました♪shine

苦しみの向こう側からの世界。揺るぎないいのち。海の歌。泉の歌♪

私たちは本当に尊いその“いのち”と共に、大切な今日がおくられてまいりますね。

み言葉(聖書詩編)と共に、この10年間ほどの中に生まれた詩をはじめに綴らせていただきたいと思います。

拙い私の詩ではありますが、何よりも神さまを信じて生きてきました、その開かれた恵みの世界を分かち合えますように。

あなたの幸せとお会いできますように。アーメンclover
(*2007年3月 作品展より)

【†いのちの泉はあなたのもとにあり、われらはあなたの光によって光を見る。詩篇36:9】

【†わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう ヨハネ4:14】

☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・★.。.:* ・。☆.。.:*・★.。.:*・。☆.。.:*・