« あなたの傍らで | トップページ | 水面を満たす   「花かご」 »

2020.09.01

青空        「朝の詩」

                   (産経新聞)

アゲハ蝶が飛んできて

ヘブンリーブルーに

吸われるように

蜜を吸っている

 

赤ちゃんが

おっぱいを吸う

すがたを

想い浮かべる

 

青空に

わたしが

吸われるようだ         詩/駿河富子

 

(選者 八木幹夫氏)

★産経新聞『朝の詩』(2019年11月8日)

 

【†み名を愛する者があなたによって喜びを得るように、彼らをお守りください。    詩篇5:11】

●「愛をこめて」 ペトロ神父さまが毎日更新されます♪

P9270391a

ヘブンリーブルー&アゲハ(以前の写真)

🍀青空を眺めていたとき、アゲハ蝶が飛んできて、その見たまま、想ったままを

素直な言葉に表現しました。その時の写真です。

|

« あなたの傍らで | トップページ | 水面を満たす   「花かご」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あなたの傍らで | トップページ | 水面を満たす   「花かご」 »