« この空の下で | トップページ | それだから »

2017.11.23

夜空の星の    (星)

夜空の星の

優しさに

抱かれてゆく

そこは

魂のふるさと

★「彩」題詠(星)(2014/11月号)

五行歌誌「彩」代表:風祭智秋さん 選

「夜空を見ると、涙がこぼれそうなほど懐かしさがこみ上げてくることがあります。

きっと魂のふるさとだからでしょう」

【†わがたましいよ主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。詩篇103:1】

3022858_1807610268_192large

(C) jiro satake

clover昨日届いた喪中はがき。以前、地域の手話でお世話をいただいたMさんのご主人から。 …妻が…と、記された文字を見て立ちすくんでしまいました。

お年賀状のやりとりは続いていて、お元気でご活躍とばかり想っていて…

お車の運転もとてもお上手で、乗せていただいたこともありましたね。

いつも親切でやさしかったMさん、ほんとうにありがとうございました。

☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・★.。.:* ・。☆.。.:*・★.。.:*・。☆.。.:*・

|

« この空の下で | トップページ | それだから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この空の下で | トップページ | それだから »