« そんな夜には | トップページ | 「あなた」 »

2017.09.18

時を越えて

あなたの世界が 麗しく

蒼い海を 湛えてゆく

すべての命に贈られている

時間の幾つものが そして

越えてきた苦悩は やがて

平和の波が押し寄せてくる

苦痛があったことさえ 遠く

遠く 忘れさせるほどにも

海はきょう 静かなさゆらぎ

あのふる里の 子守りうた

胸の花も 可憐にそよぐ

風も宙(そら)から 吹かれる―――

【†その聖なるみ名を誇れ。主を尋ね求める者の心を喜ばせよ。 詩篇105:3】

Dsc02612

室戸岬(2017/7/12) (スーさん撮影♪)    ◆大きくなります

clover苦悩ゆえにこそ、世の悲しみを知らされ、受け入れることを教えられるのでしょうか…。

忍耐の絶頂から恩寵のように開かれてきました〝あなた〟の世界mistshine

今日の海を聴いてまいります。

(※なお、この詩が生まれたのも10年以上前になります)

☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・。★.。.:*・。☆.。.:*・★.。.:* ・。☆.。.:*・★.。.:*・。☆.。.:*・

私は現在も深い傷に傾いてしまうときもあります。苦しみもがきつつも、

それでもその世界から届いてくる光を「詩」に捧げたいと想うのです。

その魂からの「言葉」を大切に聴いてまいります。アーメンshine

cloverいつもこちらにお出でくださるみなさん、本当にありがとうございますclover

|

« そんな夜には | トップページ | 「あなた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そんな夜には | トップページ | 「あなた」 »