« 讃歌が | トップページ | 桜 »

2015.03.27

あなたのいのちに

やさしいあなたを聴いていたい。

あなたはほんとに心の癒しです。

あなたのそこは美しい水の歌です。

清らかな川の流れです。海の歌です。

あなたを耳寄せて聴いていたい。

涼やかにも豊かなあなたのいのちです。

あなたをお知らせしたくて お知らせしたくて

それを忘れているわけではありませんが

思いはこの世のものにとらわれてしまいます。

しかしあなたはほんの少しだに減らされません。

ひとり悲しみに耽ってしまうときも……

そこしか見えなくなってしまうときも……

静かに水の歌を送りつづけられます。

「今日を正しく生きたか…」と。

正に守っているのはあなたです。

あなたの中にあって、私のときがここにあるのです。

四旬節、あなたのみ後を慕ってまいりますように。アーメン。

【†人の歩みは主によって定められる。主はその行く道を喜ばれる。            たといその人が倒れても、全く打ち伏せられることはない、主がその手を助け支えられるからである。詩篇37:23~24】

1920058579_119

cloverお部屋の整理をしていて昔懐かしいスタイル画が出てきました。

こんな絵を画いていた頃もあったんですね。笑み♪^^ゞ)

|

« 讃歌が | トップページ | 桜 »

コメント

古いスタイル画を見てくださってありがとうねclover
もうかれこれ40年も前のものです。
よく残っていましたね。
処分する前にちょっとアップさせてもらったのですが。
もう少しとっておこうかな。。

kotoさん褒めていただいて絵もうれしそう♪^^*

投稿: aya | 2015.03.30 00:35

スタイル画 あやさんが書かれたのですか(*゚▽゚*)
すごいです!

とっても素敵です~♪

そういえばポタ二カルアートもされてらしたのですものね^^

全身画って難しいのにすごく素敵に描かれてて。。
もっと描かれてみたらいいのに。。って思います^^

投稿: koto | 2015.03.29 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 讃歌が | トップページ | 桜 »