« 悲しみから    「花天」 | トップページ | 笑った    「出会い」 »

2015.02.04

夜空の星の    (星)

夜空の星の

優しさに

抱かれてゆく

そこは

魂のふるさと

☆題詠(星)(2014/11月号)

五行歌誌代表:風祭智秋さん 選

「夜空を見ると、涙がこぼれそうなほど懐かしさがこみ上げてくることがあります。

きっと魂のふるさとだからでしょう」

【†わがたましいよ主をほめよ。わがうちなるすべてのものよ、その聖なるみ名をほめよ。詩篇103:1】

3022858_1807610268_192large

(C) jiro satake

|

« 悲しみから    「花天」 | トップページ | 笑った    「出会い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悲しみから    「花天」 | トップページ | 笑った    「出会い」 »