« 水はおくられて | トップページ | このはのうた »

2014.11.30

あなたの宙に   「教会」

雨あがりの空に 心を

しずかにあわせてゆく

過去には帰れない しかし

めぐるものは まためぐり

いつまでも いつまでも

やさしい記憶を覚えてゆく

そう! 約束の

花の季節のように―――

詩は 神さまがくださった

いのちへの讃歌だから

いつも心に渡してゆこう

新しい日に添えてゆこう

それは魂の海に歌うだろう

きれいな花を咲かすだろう

みんな帰ってくるだろう

さみしさも歌うだろう  

悲しみは そうして

朝露の玉(ひかり)に輝くだろう  

あなたの宙(そら)に わたしは

きょうという日を 歌おう

★『○教会だより』(2011/9)

★『文芸○川35号』(2015)

【†わたしはあなたに呼ばわります。あしたに、わが祈りをあなたのみ前に捧げます。   詩篇88:13】

1781077299_107

clover巡りゆく宙ともに、いつかの日をここに還しながらあなたを聴いてまいりますshine

|

« 水はおくられて | トップページ | このはのうた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水はおくられて | トップページ | このはのうた »