« 童謡集『かざばな』 | トップページ | あなたの花は »

2014.08.19

静かな時間に   「AJU」

心地よい歌に聞き入りながら

わたしの時間が サラサラと

掌から零れ落ちていきます

わたしが優しく歌うとき  

あなたも優しく歌われます

わたしが悲しく歌うとき 

あなたも悲しく歌われます

しかし けっして 

あなたの歌は乱れはいたしません

あなたが愛されますこの地球の

生命の一つにも染み入る言葉が

わたしの内にありますでしょうか・・・

あなたの言葉が このわたしを

通らせていただきますでしょうか・・・

サラサラと 時間の音が触れて

地球がたおやかに廻り続けていきます

★『AJU共愛会ニュース50号』(2010)

【†主は恵みふかく、正しくいらせられ、われらの神はあわれみに富まれる。        主は無学なものを守られる。わたしが低くされたとき、主はわたしを救われた。     わが魂よ、おまえの平安に帰るがよい。                            主は豊かにおまえをあしらわれたからである。詩篇116:5~7】

P8080168

☆ニチニチソウ☆

|

« 童謡集『かざばな』 | トップページ | あなたの花は »

コメント

cloverkotoさん

『あなたの歌は乱れはいたしません』

。。。だからこそ

私たちは 安心して
喜びの歌を歌ったり、悲しみの歌を歌ったりできるのかもしれないですね♪

ほんとうにそうだと思いますね。

魂とともにうたっている詩。。
このようにお聞きくださってとても幸せに思います。

kotoさんの感性がとても深くすてき♪
綴られる文章もやさしくてほんとにお上手ですね。
(わたしは長い文章は書けなくて。。^^ゞ)

投稿: aya | 2014.08.20 05:50

>しかし けっして 
あなたの歌は乱れはいたしません

すごいことが書いてある気がします。

『あなたの歌は乱れはいたしません』

。。。だからこそ

私たちは 安心して
喜びの歌を歌ったり、悲しみの歌を歌ったりできるのかもしれないですね♪

投稿: koto | 2014.08.19 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 童謡集『かざばな』 | トップページ | あなたの花は »