« 桃の節句から | トップページ | 今日を    「いのちのうた」 »

2014.03.10

あおぞら

こんなに  すてきな  

そらだから

ちょいと  こずえの  

あのさきに

つぼみの  ゆめを  

のせてみよう

ふくらむ  ふくらむ

あおぞらを

りょうてで そっと

よせながら

ちょいと  さかして

みましょうか

【†わたしは真実の道を選び、あなたのおきてをわたしの前におきました。                 詩篇119:30】

P3030168

cloverあなたの空は、明るい あかるい水の歌を聞かせてゆきますnotes

ほら! 春が そこにも ここにも。。。budshine

|

« 桃の節句から | トップページ | 今日を    「いのちのうた」 »

コメント

cloverkotoさん
いつも読んでくださってありがとさん(*^_^*)
あったかなコメントもすごくうれしいですheart04
いっしょの方向を見てなんて、「詩」も幸せですねbud
新しい春がはじまっていきますね。
どうぞすてきな春をお過ごしくださいませcherryblossom

投稿: aya | 2014.03.15 14:16

なんともいえない優しさと明るさ。。
可愛らしさの感じる詩ですね(*^_^*)

あやさんの視線の先に見えるものを
一緒に見せていただいてるような。。。♪

あやさんの描く世界は心地よくて
そこに留まりたくなりますね^^

投稿: koto | 2014.03.13 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桃の節句から | トップページ | 今日を    「いのちのうた」 »