« 空と 話そう! | トップページ | 風を見つめて »

2013.07.17

あなたから   「AJU」

朝のくうきのようにやさしい

花のいぶきのようにやさしい

風のそよぎのようにやさしい

鳥のおうたのようにやさしい

雲のすがたのようにやさしい

川のながれのようにやさしい

時のめぐりのようにやさしい

雨のしずくのようにやさしい

池のみずわのようにやさしい

春のめざめのようにやさしい

夏のよあけのようにやさしい

秋のおもいのようにやさしい

冬のいのりのようにやさしい

山のたにまのようにやさしい

海のなぎさのようにやさしい

月のあかりのようにやさしい

星のひかりのようにやさしい

空のこころのようにやさしい

★『AJU共愛会ニュース62号』(2013/6)

clover美しい“あなた”を心にお聞きして生まれてゆきました~♪

“あなた”とともに、わたしたちは今日も在りますねmist shine

【†神よ、あなたのもろもろのみ思いは、なんとわたしに尊いことでしょう。          その全体はなんと広大なことでしょう。  詩篇139:17】

Photo

☆清里 (清泉寮)から☆

|

« 空と 話そう! | トップページ | 風を見つめて »

コメント

cloverスピカさん
大変にご丁寧なメッセージをいただきまして、
ほんとうにありがとうございます。

>小川洋子さんの著書「物語の役割」より
受け入れられない現実を どうにかして受け入れられる形に転換していく その働きが物語である

…にも関わらず受け入れていく。。
そこにこそ深い人生の意味があるのかもしれませんね。

未だにほんに不器用なものでございますが、
こうしてお話しさせていただきますことも、
ひとつの出会いなのだと。。
ただただ熱く感謝が溢れてまいります。

私の方こそほんとうにありがとうございます。

ささやかにこれからも詩をつづってまいりますね。
どうぞお気軽にいらしてくださいませ。
応援ありがとうございます。感謝clover

投稿: aya | 2013.07.23 15:25

お忙しい中お返事ありがとうございます
放送後、ayaさんの詩が頭から離れず、ハートネットTVのサイトをみつけました
そしてどうしても一言お礼を申し上げたい、繋がりたいという一心でコメントさせていただきました

佐藤初女さんの映画も素敵でしたね
数年前に東京での講演会があり一度だけお会いできました
森のイスキアも訪れてみたい場所ですね

ayaさんがたくさんの悲しみや葛藤をやさしさに変え、生きてこられたことは並大抵の努力ではなかったと思います
パッチワークやたくさんのノートをみて、どんなにお辛かったろうと思いました
そして、心優しいご主人に出逢われたことも詩と出逢われたことも、出逢いの深さを感じました
放送を見られたたくさんの方が ayaさんに励まされ癒されたと思います

小川洋子さんの著書「物語の役割」より
受け入れられない現実を どうにかして受け入れられる形に転換していく その働きが物語である
という文章がありました
転換していく作業は、心の痛みから目をそらすのではなく、時には向き合うことでもあるから 簡単なことではないと思います
でも ayaさんがつらいことを礎に、やさしく生きてこられ、勇気をもって表現してくださったからこそ 周りの人もあたたかい気持ちになれたんだと思います

これからも 書き続けてくださいね 応援しています

投稿: スピカ | 2013.07.22 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 空と 話そう! | トップページ | 風を見つめて »