« 冬空が | トップページ | 美しい宙(そら)に   「AJU」 »

2011.02.15

いのちの奇跡に

~しあわせの日々に寄せて~

shineキラキラshineキラキラshine朝の光~shine泉の歌shine

いのちはこんなにも麗しい水の歌だったなんてmistshine

本当のいのちがここから花開くように、自然のリズムのように楽しく、

眼差しに映す空が果てしなく綺麗で、風の中のお花たちが余りにも可憐で、

心が透明に、どこまでも、どこまでも、軽げに拡げてゆく、

そんな不思議をこの上もなく尊く、感謝に満ち満ちてゆきました。

そして、宇宙(そら)のメロディーに引かれるようにして、

私はこの歓びを歌い記さずにはおれませんでした。

神さまは、本当に素晴らしいいのちの歩みをそこに照らしておられるかのような・・・

胸に寄せてくる言葉の一つひとつが悠からのメッセージのようにも思われました。

私は、長い歳月を多くの渇きの内に生きてきたように思います。

それがこうして奇跡のようにも癒されてゆきました。

苦しみはいつか本当に美しい希望の華となって咲かされてゆくshine

そのいのちと共に今日も一つの宇宙に繋がれてまいりますclovershine

(*いつかの日記から~そして、今日からも~♪)(2005・4)

【†わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、

わきあがるであろう。ヨハネ4:14】

16233939_1915127498_24large

|

« 冬空が | トップページ | 美しい宙(そら)に   「AJU」 »