« 夕日のうた   「金子みすゞ賞」佳作賞 | トップページ | 神さまの愛 »

2010.11.25

☆山上の垂訓☆

『心の貧しいものは幸いです。天の御国はその人のものだからです。

悲しむものは幸いです。その人は慰められるからです。

柔和なものは幸いです。その人は地を相続するからです。

義に飢え渇いているものは幸いです。その人は満ち足りるからです。

あわれみ深いものは幸いです。その人はあわれみを受けるからです。

心の清いものは幸いです。その人は神を見るからです。

平和をつくるものは幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。

義のために迫害されているものは幸いです。天の御国はその人のものだからです。』(マタイ5:3~10)

《†イエスさまのみ言葉☆山上の垂訓☆からを綴らせていただきました。》

実は、この初めのみ言葉 「心の貧しいものは幸いです」 の、

「心の貧しい…」の意味を、マイミクのマスミさんにお訊ねさせて頂きました。

そして、このようにも素晴らしいご返信をくださいました。感謝☆

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

マスミさんから~

メッセージを受け取り、 久し振りに山上の垂訓に思いを馳せる時間を頂きましたこと、

ありがとうございます。

お役に立つかどうかは分かりませんが。。

下記の聖句へ、私の拙い思いを綴らせていただきました。

自分の貧しさを知る人は幸いである、
    天の国はその人のものだからである。 マタイ 5:3  

また、別な聖書には、「神により頼む人は幸 いだ」と、訳されています。

Happy are those who know they are spiritually poor;

the Kingdom of heaven belongs to them!

Blessed are the poor in spirit, for

theirs is the kingdom of heaven. ( King James 訳)

まず、私の理解からの結論から言いますと… 

ここで、主の言っておられる「心の貧しい人」は、

(主を)求める人と言う意味ではないでしょうか。。

貧しさが豊かさを求めるように‥、

心の貧しい人は、自分の貧しさ、自分の弱さを認めて、 神様の助けを求めます。 

傲慢(プライド)を捨てた、謙遜 な人のことです。 

主を求める人は、永遠の命と共に、今の人生においても

天国の幸福を経験する事ができるのです。

だから、人生のすべ てを神様に任せ、 どんなことが起こっても絶望せず、

主への希望を持って、心の平安を保つことが出来るのではないでしょうか。。 

イエス様が仰るように、天の御国はそのような人のものです。 

また、「心の貧しい人」は、霊的なことでもあり、常に、

神への属性を求めている人の事だと受け止めています。 

主に従うことで、自己を捨てますので‥ 

その人の望みは、ただ一つだけ… 神様の御こころにかなうことです。

いつも神様の御ころを求め、御こころににかなうように生きることによって、

その人は霊的に神様と結ばれていきます。

キリストを、主と受け入れた人々は、キリストの弟子、あるいは子と呼ばれ、

主に従い、祈り求めることにより、御霊の力を受けて、

やがて完全な者となるために必要な助けを得ると、聖書は約束をしています。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

マスミさんどうもありがとうございました

Pb200646 ☆皇帝ダリア☆

|

« 夕日のうた   「金子みすゞ賞」佳作賞 | トップページ | 神さまの愛 »