« 白百合の | トップページ | 神さまの庭に   「朝の詩」 »

2010.07.01

あなたの光の中に

緩やかに ゆるやかに・・・

蒼いひと筋の川が流れてゆきます。

川面を風がやさしく撫でてゆきます。

可憐にリズムを刻んでゆきます。

遙か透明に木霊してゆきます。

今日の光の中、 見えるものすべてに

愛おしさを覚えてゆきます。

心が熱く満ちみちてゆきます。

大空を綺麗に拡がってゆきます。

生命(いのち)よ・・・ 

あなたの生命がここにおくられてゆきます。

(*いつかの日記から、そして、今日からも~♪)

cloverこの空に、この胸に映される一人ひとりを祝福してください。アーメンshine

【†神よ、あなたはわれらを試み、しろがねを練るように、われらを練られた。       詩篇66:10】

Img

|

« 白百合の | トップページ | 神さまの庭に   「朝の詩」 »

コメント

cloverセーラさん

こちらからもありがとうございますheart

>「光、あれ。」と言葉で創られた主を
褒め称えます!

アーメンshine アーメン shine

†主の光の中に、わたしたちすべてがいつも繋がれてありますねheart04


【†万軍の主よ、あなたのすまいはいかに麗しいことでしょう。
わが魂は絶えいるばかりに主の大庭を慕い、
わが心とわが身は生ける神にむかって喜び歌います。詩篇84:1~2】

投稿: aya | 2010.07.03 07:35

光がなかったら、
命は、育めないですね。

「光、あれ。」と、言葉で創られた、
主を褒め称えます!sunshine

投稿: セーラ | 2010.07.02 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白百合の | トップページ | 神さまの庭に   「朝の詩」 »