« 夢のごとく | トップページ | あなたの »

2010.01.21

ふるさとの道に寄せて

雪降る道を黙って歩きます

母さんの橙色のケットも

わたしの臙脂のマントも

真っ白にしてゆく田園の中を

一生懸命に家路に向かいます

遠く とおく 一直線条に延びた道

日本海からの吹き滾る雪が

ふたりを一層引き寄せてくれましたね

母さん! ことしの冬も

どうぞ歩かれてくださいね

きっと 子どもたちみな 

可愛らしい雪ん子のように舞ってきて 

お炬燵(こた)の母さんを 

やさしく温めることでしょう………       詩/かぜのあや

★『文芸○川27』(2007)

【†たといわたしが悩みの中を歩いても、あなたはわたしを生かし、み手を伸ばして    わが敵の怒りを防ぎ、あなたの右の手はわたしを救われます。詩篇138:7】

O

☆日本海 奥能登☆(2009/1/2)

clover遠いふるさとの道がいろいろな思い出を連れてかえってまいりますsnow

母さんは、今はおこたの中から子どもたちと歩いているのでしょうかheart

|

« 夢のごとく | トップページ | あなたの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢のごとく | トップページ | あなたの »