« 「詩集」のこと | トップページ | 四つ葉を   「指」 »

2008.05.14

花のいのり

花がひらいてゆく

あなたの庭から

あの苦しみさえも 

今はやさしいときの追憶

まつ毛の先に光る 

ひと雫に青空を映す

花のいのり いのり――

恵み雨のように また

また心に降り注がれる

大地に きょうも

花がひらいてゆく

【†わがたましいよ、主をほめよ。そのすべてのめぐみを心にとめよ。詩篇103:2】

E_2
恵み雨がそそぐ白百合

|

« 「詩集」のこと | トップページ | 四つ葉を   「指」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「詩集」のこと | トップページ | 四つ葉を   「指」 »